親しい友人・親族に祝福してもらったお礼として、お返しの品を贈ります。

お祝いやお返しをもらった経験がないと分からないことがたくさんあるかと思いますので、

相手に喜んでもらえるお返しの選び方についてご紹介します。

*******************************************

いつ贈るの?

挙式から1ヶ月以内に持参します。

都合が悪かったり、遠方の場合は郵送でもOKです。

値段は?

地域によって差はありますが、頂いたご祝儀やお祝い品の「半額」から「3分の1」程度。

NGなものは?

これがダメ!という決まったものは特にはありません。

ですが、決まりがないからこそ、贈る相手の事を思ってギフトを選びましょう。

例えば、絵画や置物は、趣味の合わないものを贈られても

使い道がなく、相手を困らせてしまうだけです。

また、新郎新婦の写真が入った食器や置物は、結局は飾ることも

使うこともなく扱いに困ってしまいますので良く考えてから贈るようにしましょう。

人気なものは?

誰に贈っても喜ばれるような、実用品が人気です。

例えば、タオルや寝具、洋食器、紅茶やコーヒー、カタログギフトなどが人気があります。

お菓子の詰め合わせは、お子様がいる家庭や、勤務先から大勢でいただいた時の

お返しの品として良く使われます。

マナーは?

郵送の場合には直接お礼が伝えられないだけに、手紙やメッセージカードを添えて送りましょう。

結婚式を挙げなかった場合も、お祝いをいただいたらお返しを贈りましょう。

また、結婚式で用意した引き出物が、いただいたお祝いのお返しとして

不十分な場合も、式の後に結婚内祝としてお返しを贈ります。

のしについて

表書き:内祝、寿

水引:10本結び切り

名前:結婚後の新姓、新姓の下に2人の名前を並べて書き入れます